株式会社KIRINZ様

メール一括送付機能で煩雑なギフト送付作業を改善!ライバーにも喜ばれるデジタルギフト

株式会社KIRINZ様

利用方法
ライバーへの謝礼支払い、イベントの景品
連携方法
管理画面方式
業種・サービス
ライバーマネジメント事業

日本最大級のライブ配信モデルコンテスト「MODECON(モデコン)」の運営や、インフルエンサーやモデル、ライバーの育成・プロデュースなど幅広く事業を展開

導入目的
  • 都度のギフト購入から送付までのオペレーション改善
結果
  • ライバーの配信者数増、多様なニーズを汲みつつ運用負担を軽減

「ライバーから有名人へ」夢を追いかける人の発信の場を創るライバーマネジメント事業

当社は、「女子大生のマーケティング会社」として創業し、現在は、新時代のロールモデルを発掘するコンテスト「MODECON(モデコン)」の運営、その他にもZ世代をターゲットとしたデジタル事業を展開しています。

その中のライバーマネジメント事業では、ライブ配信が未経験の人を対象にスカウトやオーディションを行い、活躍できるようにサポートを行っています。そして、当社公認のライバーになった方に対しては、モデル活動などのPRサポートをしたり毎月キャンペーンで特典を配布したりしています。

ライバーそれぞれの嗜好性に合わせたギフトを配布したい一方で、ギフト購入から送付の運用負担が課題。

当社では、イベントの景品やライブ配信時間に応じたインセンティブとして、Amazonギフト券や有名コーヒーチェーン店のドリンクチケットなどのデジタルギフトやライブ配信に役立つグッズなどをライバーの方へ配布していました。

以前に利用していたデジタルギフトでは、メールやLINEなどライバーの方にギフトを送付する手段を統一しておらず、月に80件近くある連絡先の確認とギフトの送付作業に多くの時間を割かなければなりませんでした。

また、年齢や性別が異なる様々なライバーの方が所属しているため、欲しいギフトが違ったりと送付したギフトが活用されていない事もありました。そこで、より多くのライバーの方にとって魅力的なインセンティブを模索していました。

ライバーの配信者数が40%UP!多様なニーズを汲みつつ運用負担を軽減

デジコ導入後は、ギフトの送付に使う情報をメールアドレスに統一することで、連絡先の確認時間を大幅にカットすることができました。また、ギフト送付においてメール一括送付機能を活用して、今まではライバーの方一人ひとりに送付していた作業を削減し、社内のオペレーション改善も実現できました。

また、社内のオペレーションが改善されただけでなく、ライバーの方へのインセンティブとしての効果の改善にも繋がっています。普段の配信が少ないライバーの方に対してデジコ増額施策を行ったところ、1か月間に30時間以上配信したライバーの方が約40%増加、60時間以上配信したライバーの方も約40%増加となりました。ギフトの種類がとても豊富なので、ライバーの方それぞれが欲しいものに交換できることも効果改善に繋がっているのではないかと感じています。

今後は、配信時間に対してより効果的なインセンティブの金額設定や、ライバーの方々がさらに目的意識を持てるようなインセンティブのプランを練っていきたいと考えています。

  • 社名:株式会社KIRINZ
  • 事業概要:イベント事業、ライバーマネジメント事業、WEB事業、マーケティング・PR事業など
  • 設立年月日:2016年4月27日
  • URL:https://kirinz.tokyo/

導入事例

さまざまな企業、さまざまなシーンで活用いただいています

導入事例一覧へ