デジタルギフトお役立ち記事

2021/9/15

5分でわかるデジタルギフトとは?ビジネスでの効果的な使い方&事例を解説

オンラインで気軽に贈れるデジタルギフト。ビジネスの場でも謝礼品や販促品として、活用されています。

とはいえ比較的新しいサービスのため、

「そもそもデジタルギフトって何?」
「どのような活用方法があるの?」
「ビジネスにおいてどんなメリットがあるの?」

といった疑問もあるのではないでしょうか?

そこで本記事では、デジタルギフトについて以下の内容を解説します。

  • デジタルギフトとは
  • デジタルギフトの企業での活用事例
  • デジタルギフトの導入メリット

最後まで読めばデジタルギフトの基本から効果的な使い方までわかるため、ぜひご一読ください。

ビジネスでデジタルギフトを活用したいなら「デジコ」がおすすめです。6,000種以上の豊富な商品ラインナップを用意しており、個別にサポート担当も付くため、初めての方でも安心して活用いただけます。以下のサイトからお気軽に資料をダウンロードください。
デジコの資料をダウンロードする

デジタルギフトとは電子版のギフト券や商品をプレゼントできるサービスのこと

デジタルギフトとは、電子版のギフト券や商品をオンライン上でプレゼントできるサービスのことです。

ギフトの内容としては、ECサイトのギフト券やファストフードの割引券、百貨店の名品スイーツなど幅広い品揃えがあります。簡単な操作で、誰にでも気軽に贈れるのが特徴です。

デジタルギフトの贈り方はURLやクーポンコード(番号)などを、メールやSNSを通して相手へ送信するのみ。設定すれば、自動で送付することも可能です。(※サービスによります)

少額からプレゼントできる手軽さと、幅広い人に喜んでもらいやすい扱いやすさがデジタルギフトの魅力です。

デジタルギフトで贈れる商品の種類6選

デジタルギフトで贈れる商品の種類

  • 各種ギフト券
  • 各種ポイント
  • 現金
  • 実際の商品
  • 仮想通貨
  • 募金

デジタルギフトで贈れる商品は、上記のようにさまざまな種類があります。

各サービスで提供している商品は異なりますが、複数の商品からユーザー自身が選べるサービスもあります。

ユーザー自身が選べるデジタルギフトなら自分が好む商品を見つけやすいため、満足度の向上も期待できるでしょう。

デジタルギフトの種類については、以下の記事で詳細をまとめているため、詳しく知りたい場合はご一読ください。

デジタルギフト券を活用する企業が増えている理由

デジタルギフトの市場は年々拡大しており、2014年から2018年の4年間においては14倍もの成長を見せています(※)。

デジタルギフトを活用する企業が増えている背景には、労働コストの削減が考えられます。

例えばデジタルギフトを使用しない場合、販促品を店舗やイベント会場で配布したり、顧客の自宅へ郵送したりする手間が必要です。

しかしデジタルギフトであれば、販促品の在庫管理や発注、配送業務といったコストを省けます。

また、マーケティングやPRのためにSNSを活用する企業が多いのも、デジタルギフトの利用拡大要因の一つです。

オンラインですぐ送付できるデジタルギフトはSNSとの親和性が高く、マーケティングや販促にデジタルギフトがよく利用されています。

(※)参考:4年で約14倍の市場規模に成長しているソーシャルギフト市場

デジタルギフトの5つの使い方一覧&活用事例

デジタルギフトで贈れる商品の種類

  • 販促キャンペーンの特典
  • アンケート回答の謝礼
  • SNSキャンペーンの景品
  • レシートOCRキャンペーンの景品
  • 社内インセンティブ・福利厚生

デジタルギフトは社内外でさまざまな使い方ができます。

ここではデジタルギフトの効果的な使い方や、実際の活用事例を5つご紹介します。

※サービスによって活用範囲は異なります。本項では弊社のデジタルギフトサービス「デジコ」を例に使い方を紹介します。

内部リンク:デジタルギフト 使い方

活用例①販促キャンペーンの特典

販促キャンペーンの特典として、デジタルギフトをユーザーへプレゼントできます。

デジタルギフトは実物の商品と異なり、梱包作業や郵送手続きが必要ありません。

実際にデジコを活用した事例では、1日数名がかりで行っていた商品の発送作業が格段に楽になったとの声も聞かれます。

※手作業での商品発送からデジタルギフトへ切り替えた導入事例は、以下の記事をご覧ください。

>>モニターキャンペーンメディアへ導入し、オペレーション改善することで施策の幅を広げる|株式会社018様

特典を受け取るユーザーが多くてもデジタルギフトなら対応しやすく、販促キャンペーンの幅も広げられるでしょう。

活用例②アンケート回答の謝礼

デジタルギフトは小さな謝礼として、次のような使い方ができます。

  • 企業アンケートに回答してくれた人への謝礼
  • 見積もり請求してくれた人への謝礼
  • 面談予約を入れてくれた人への謝礼

謝礼としてデジタルギフトを提供することで、アンケートの回答率を増やすことが可能です。

以下の事例でも、アンケートの謝礼としてデジタルギフトを活用しています。併せて参考にしてください。

>>シニアユーザーでも使いやすく、さらに運用負荷も軽減。|株式会社オースタンス様

デジタルギフトは「操作が難しそう」などの理由から、若年層にしか需要がないイメージをもたれるかもしれません。

しかし上記の事例のように、シニア層へもご活用いただいています。老若男女問わず簡単に使えるのも、デジタルギフトの特徴です。

活用例③SNSキャンペーンの景品

TwitterやLINEなど、SNSキャンペーンの景品としてデジタルギフトが使えます。

お友達登録やフォロー・リツイートなどで簡単に参加できるSNSキャンペーンは、景品を送付する対象者数も多く設定することがあります。

景品の送付先が多いほど発送作業は大変になるため、デジタルギフトを活用するのがおすすめです。

実際に以下のSNSキャンペーンの事例では、景品をオリジナルグッズからデジタルギフトへ切り替えることにより、送料などのコストカットを実現しています。

>>Twitter✕デジタルギフトでtoC領域拡大、1円単位発券のデジコで柔軟性UP|株式会社丸山製麺様

活用例④レシートOCRキャンペーンの景品

対象商品のレシートを使って応募するキャンペーンでも、デジタルギフトを景品として活用できます。

レシートOCRキャンペーンとは

レシートを撮影してスマートフォンまたはPCから応募するだけで参加できる、Web完結のキャンペーンシステムのこと。

応募から景品到着までWeb完結にすることは、消費者・主催者どちらにもメリットがあります。

消費者は「はがきにレシートを貼る」手間が省け、主催者側もはがき確認や景品発送にかかる運用コストを大きく軽減可能です。

従来のキャンペーンのデジタル化にも、デジタルギフトが役立ちます。

活用例⑤社内インセンティブ・福利厚生

デジタルギフトは社外向けだけでなく、社内インセンティブや福利厚生として使うのも効果的です。

インセンティブが現金の場合、銀行振込の手間や振込手数料がかかります。また何かしらの商品やサービスをインセンティブにする場合、人によって需要や好みに差があるため、不要に思われてしまうかもしれません。

一方デジタルギフトなら手間を軽減しつつ、社員への還元もしっかり行えます。

ギフトの内容も社員が自身で選べるため、「いらない」と思われることもありません(サービスにもよります)。

インセンティブや福利厚生は社員のモチベーションに大きく関わるため、種類が豊富なデジタルギフトだと満足度を高めやすいでしょう。

デジタルギフトを導入するメリット3つ

デジタルギフトを導入するメリット3つ

  • 販促品の管理コストを削減できる
  • キャンペーンや集客施策の効果向上が期待できる
  • 業務負担が軽くなる

ここまでデジタルギフトの活用事例とともにその魅力を見てきましたが、改めて導入メリットを見ていきましょう。

デジタルギフトの導入を検討する際の参考にしてください。

メリット①販促品の管理コストを削減できる

一つ目のメリットは、販促品の管理にかかるコストを削減できる点です。

自社で販促用オリジナル商品を準備する場合、販促品の発注や在庫管理などをしなければなりません。

販促品の在庫置き場として、トランクルームや倉庫のレンタルが必要になる場合もあるでしょう。

デジタルギフトなら、販促品にかかっていた上記の業務やコストを軽減できます。

メリット②キャンペーンや集客施策の効果向上が期待できる

デジタルギフトは商品の種類が豊富で使いやすいため、キャンペーンや集客への大きな効果を期待できます。

販促品が特定の商品のみだと、「限定的な層にしか響かない」といったケースもあります。

一方、販促品を自分で選べるデジタルギフトなら、より多くの人に興味を持ってもらえる可能性が高いです。その結果、キャンペーンや集客施策の効果向上が期待できるでしょう。

メリット③業務負担が軽くなる

デジタルギフトを使うと、景品や商品の発送にかかっていた負担が軽くなります。

梱包・発送作業は手間のかかる業務なうえ、ミスがあると最悪やり直しが必要です。

さらに、発送業務がなくなることで、ユーザーの個人情報管理にかかるオペレーションも少なくなります。

商品の郵送や銀行振込がある場合、ユーザーの住所や電話番号、口座番号などの情報を管理しなければなりません。

メールやSNSで手軽に贈れるデジタルギフトは、社員の業務を効率化し、人件費の削減に繋がります。

初めてのデジタルギフトなら「デジコ」

もしデジタルギフトの導入を検討しているのであれば、6,000種類以上のラインナップから贈れるデジタルギフト「デジコ」がおすすめです。

デジコは以下のような特徴があるため、初めてのデジタルギフト導入にもピッタリです。

デジコが初めてのデジタルギフト導入に向いている理由

  • 最短2日で納品のため、スピーディーな施策を実現
  • 1円から贈れるため、柔軟に景品を設定可能
  • 個別のサポート担当者が付くため、初めてのデジタルギフト活用でも安心

以下のページでデジコの資料を配布しておりますので、ぜひお気軽にダウンロードください。

デジコの資料をダウンロードする

デジコで贈れるギフトの種類は6,000以上

デジコの交換先

  • Amazonギフト券
  • App Store & iTunes ギフトカード
  • Google Play ギフトコード
  • PeXポイント(各種ポイントやマイル、食品など数千以上の商品)

デジコの交換先の商品は6,000以上と、豊富なラインナップを用意しています。

特別なアプリや会員登録は不要で交換できるため、ユーザーもスムーズに利用することが可能です。

最短2日で納品!導入までのステップ

デジコの導入ステップ

  1. 申し込みフォームに記入(所要時間:5分)
  2. カンタンな審査(所要時間:最短当日)
  3. 管理画面の設定(所要時間:最短当日〜翌営業日)
  4. デジコ発券で納品完了(所要時間:1~2時間)

デジコは申し込みから導入まで、最短2日で完了します。

導入後は発注から1~2時間でデジタルギフト発券が可能となり、月の管理費用なども一切かかりません。

導入してから余計なランニングコストを支払うことなく、必要なときだけ使えます。

以下のページでデジコの資料を配布しておりますので、ぜひお気軽にダウンロードください。

デジコの資料をダウンロードする

まとめ:デジタルギフトをマーケティングに活用しよう

デジタルギフトは、オンライン上でいつでも手軽に贈れるプレゼントです。

コンビニで使えるクーポンやAmazonギフト券など、デジタルギフトの種類は多岐にわたります。

デジタルギフトをキャンペーンの景品や販促品にするなど、ビジネスでの活用シーンもさまざまです。

デジタルギフトはユーザーの満足度を高め、社員の業務負担の軽減にも役立つでしょう。

この機会にデジタルギフトの導入を検討してみてください。