デジタルギフトお役立ち記事

2021/9/15

デジタルギフトをプレゼントしよう!贈るまでの4ステップを解説

URLやコード番号の送信で簡単にプレゼントを贈れるデジタルギフト。個人間のやり取りに留まらず、ビジネスでも活用できる便利なサービスです。

とはいえデジタルギフトを誰かに送ったことがない場合、「どうやってプレゼントできるのか」と疑問に思うのではないでしょうか。

本記事ではデジタルギフトについて以下の内容を解説します。

  • プレゼントできるデジタルギフトの主な種類
  • デジタルギフトのプレゼントが向いているケース
  • デジタルギフトの導入からプレゼントするまでのステップ
  • 法人のデジタルギフト活用事例

顧客やユーザー向けにデジタルギフトのプレゼントを考えている場合は、ぜひ本記事を参考にしてください。

※「そもそもデジタルギフトって何?」という場合は、以下の記事をご覧ください。

ビジネスでデジタルギフトを活用したいなら「デジコ」がおすすめです。6,000種以上の豊富な商品ラインナップを用意しており、個別にサポート担当も付くため、初めての方でも安心して活用いただけます。

以下のサイトからお気軽に資料をダウンロードください。
デジコの資料をダウンロードする

何をプレゼントできる?デジタルギフトの種類一覧

種類 具体例
各種ギフト券 Amazonギフト券、Google Play ギフト など
各種ポイント・マイル dポイント、WAONポイント、JALマイルなど
現金
実際の商品 コンビニスイーツ、飲料、ご当地商品など
仮想通貨 ビットコイン

デジタルギフトは、送る側があらかじめプレゼントするもの指定するタイプや、受取手が好きなものを選べるタイプが存在します。

デジタルギフトでプレゼントできるものは各サービスで異なりますが、主な種類としては上記の5種類です。

例えば「アンケートに回答いただいたら、数千以上の商品と交換できるポイントを〇円分プレゼント」という場合は、受取手が好きなものを選べます。

一方「フォロー&リツイートでカフェオレ1杯プレゼント」などのSNSキャンペーンは、送る側がデジタルギフトの商品をあらかじめ指定するタイプです。

デジタルギフトには様々な種類があるため、プレゼントの目的や贈る相手の状況に合わせて活用することをおすすめします。

デジタルギフトの種類をさらに詳しく知りたい場合は、以下の記事で解説しているためぜひご覧ください。

デジタルギフトのプレゼントが向いているケース3つ

デジタルギフトのプレゼントが向いているケース

  1. 贈る相手の好みが分からないとき
  2. 少額のプチギフトをプレゼントしたいとき
  3. プレゼントを準備する時間がないとき

ここでは実物のプレゼントではなく、デジタルギフトを贈るのがおすすめのケースを3つ紹介します。

ケース①贈る相手の好みが分からないとき

プレゼントを贈る相手の好みが分からないときは、デジタルギフトを活用するのがおすすめです。

プレゼントをするからには相手に喜んでほしいもの。ですが好みがわからない状態では、的外れなプレゼントをしてしまうこともあるでしょう。

デジタルギフトの中には、送る側は商品を指定せず、相手が自らギフトの交換先を選べるサービスもあります。

受取手が自分で好きなものを選べば、プレゼント選びに失敗することも少なくなります。

ケース②少額のプチギフトをプレゼントしたいとき

アンケート回答へのお礼やイベント来場のノベルティなど、少額のギフトを多数の人にプレゼントしたいときはありませんか?

そんなときもデジタルギフトを活用すると、効率的かつコスト削減に繋がります。

実物の景品や商品をプレゼントするには、在庫管理や配布準備、送料のことなど考えなくてはなりません。さらにプレゼント対象者が多数いる場合、手間もその分多くなります。

一方デジタルギフトであれば、対象者にURLやコード番号をメールなどで送信するだけでプレゼントできます。在庫管理の手間や送料もかからず非常に簡単です。

ケース③プレゼントを準備する時間がないとき

忙しいときや準備期間が短いときでも、デジタルギフトなら対応しやすく適しています。

実物のプレゼントは、梱包作業や買いに行くのに時間と手間がかかります。デジタルギフトは梱包作業が不要なうえ、発注後は早ければ数時間程度で納品可能です。

もし納品が早いデジタルギフトをお探しなら「デジコ」がおすすめです。

デジコなら発注から納品までは最短1~2時間で完了します。急なイベントなどで準備が必要になった際も、デジコならスピーディに対応できます。

以下からデジコの資料を見られるため、ぜひお気軽にご覧ください。

デジコの資料をダウンロードする

デジタルギフトの導入からプレゼントするまでの4ステップ

デジタルギフトの導入からプレゼントまでの4ステップ

  1. デジタルギフトサービスへの問い合わせ・資料請求
  2. デジタルギフトサービスの申し込み
  3. デジタルギフトの発注
  4. デジタルギフトの配信・プレゼント

ここではデジタルギフトを導入してから、実際にプレゼントとして配布するまでの流れを4ステップでまとめました。

※サービスによっては多少変わる場合があることをご了承ください。

それではさっそく見ていきましょう。

ステップ①デジタルギフトサービスへの問い合わせ・資料請求

デジタルギフトの導入にあたり、まずは問い合わせや資料請求をしましょう。資料や公式サイトには、デジタルギフトサービスの詳しい概要が載っています。

とはいえ、公式サイトを見ても、自社で活用する具体的なイメージが湧かないことがあるかもしれません。

デジタルギフトの具体的な活用方法などで悩んでいる場合、サービスの担当営業が企画提案することも可能です。(※担当営業の有無はサービスで異なります)

導入前にサービスの疑問点や悩みは解消しておくと、安心して申し込みに進めます。

ステップ②デジタルギフトサービスの申し込み

問い合わせや資料請求で大まかなサービス概要を把握したら、続いては申し込みをおこないます。

多くのデジタルギフトサービスでは、申し込みとともに発注するのが一般的です。ただし中には、法人向けAmazonギフト券や弊社サービス「デジコ」のように、先にアカウントを用意できるデジタルギフトもあります。

発注前にアカウントを用意できるサービスの場合は、先に登録だけでもしておくと、いざデジタルギフトが必要なときに手続きがスムーズです。

ステップ③デジタルギフトの発注

サービスの申し込みが完了したら、次はデジタルギフトの発注です。発注は、ユーザー管理画面や申込書などでおこないます。

デジタルギフトの支払い方法は前払い制・後払い制の2種類あります。

  • 前払い制:入金後にギフトが納品される
  • 後払い制:発注分を翌月にまとめて請求される

支払い方法はサービスによって違うため、事前に確認しておくと安心です。

ステップ④デジタルギフトの配信・プレゼント

デジタルギフトの発注後はいよいよ配信です。デジタルギフトはメールで送付したり、インスタントウィンのようにSNSキャンペーンを活用して配布したりできます。

インスタントウィンとは:TwitterやLINEのキャンペーン参加者で抽選をおこない、当落結果が自動返信される仕組みです。

デジタルギフトの配信は非常に簡単で、実物のプレゼントのように梱包作業や配送準備は必要ありません。

ここまで、デジタルギフトのお問合せからプレゼントするまでの4ステップを解説しました。

次の項では「もう少し具体的なデジタルギフトの活用方法を知りたい」という方に向けて、デジタルギフトをプレゼントキャンペーンで活用した事例を3つご紹介します。

デジタルギフトをプレゼントキャンペーンで活用した事例3つ


デジタルギフトを各企業に合った使い方をすることで、より効果的なPRや集客に繋がります。

実際の活用事例をもとに、デジタルギフトの活用方法を見ていきましょう。(※ご紹介するのは弊社デジタルギフトサービス「デジコ」での活用事例です)

事例①SNSキャンペーンでフォロワー増

活用目的 「駅メモ!」誕生7周年キャンペーンの一環として、タイトル認知の拡大・新規ユーザー獲得およびユーザー復帰を図る
結果 7日間で新規フォロワー1.7万超、Twitterトレンド入りを実現

1つ目は、SNSキャンペーンでデジタルギフトをプレゼントした事例です。

ゲームアプリ「ステーションメモリーズ!」の誕生7周年記念の一環として、Twitterフォロー&リツートキャンペーンを実施しました。

Twitterでフォロー&リツイートやハッシュタグをつけた投稿を促し、実践した人を対象にデジタルギフトをプレゼントします。

その結果、7日間で新規フォロワー1.7万超、Twitterトレンド入りを実現しました。

インスタントウィン(当落結果の自動返信)を掛け合わせれば運営側の負担も軽減され、効率良くキャンペーンを実施可能です。

元事例:株式会社モバイルファクトリー様

事例②紹介キャンペーンで満足度アップ

活用目的 ギフト券の購入・管理に関わる運用課題を解消したい
結果 社内の運用改善と就業スタッフ満足度向上の両立を実現

お友達紹介キャンペーンの謝礼にも、デジタルギフトが役立ちます。

株式会社ネオキャリア様の介護専門の人材派遣・紹介サービス「ナイス!介護」において、デジタルギフトを用いた紹介キャンペーンを実施しました。

紹介謝礼としてデジタルギフトを提供すると、紹介した人もされた人もデジタルギフトを受け取れる、という仕組みです。

「ナイス!介護」は元々、特定のギフトカードや現金(振込)などを紹介謝礼として活用していました。

しかし上記の方法では、ギフトカードの在庫管理、振込の対応・確認などの対応が生まれてしまいます。

そこでデジタルギフトを導入したところ、在庫管理や振込業務などが激減し、管理工数の大幅な削減に成功しました。

「友人を紹介してよかった」「紹介してもらえてよかった」と思ってもらえるような、就業スタッフの満足度向上にもつながりました。

元事例:株式会社ネオキャリア様

事例③来場の謝礼で集客率1.5倍

活用目的 ホームページからの来社面談・モデルハウス来場、相談会来場の謝礼として
結果 現物の商品からデジコに切り替え、ホームページからの集客1.5倍、購入・送付の業務削減を実現

3つ目は、来店予約の謝礼でデジタルギフトを活用した事例です。

株式会社エドケンハウス様では、モデルハウスへの来場者へ向けて、元々は現物のギフトを営業担当から手渡していました。

しかし以下のような課題があり、オンラインで渡せるギフトを探すことに。

  • 直接お客様にギフトを渡して受領書を書いていただく必要がある
  • 急に必要になった際に在庫がない場合がある
  • 個人でギフト購入の立替えをしていたため経理処理が煩雑になりやすい

デジタルギフト「デジコ」を導入したところ、見違えるように業務が改善し、上記の課題が解決されました。

さらにホームページ上のポップアップとキャンペーンを連動したことで、集客数も従来よりも1.5倍に増加しました。

デジタルギフトは顧客に来店を促す一つの要素となり、集客率の改善も望めます。

元事例:株式会社エドケンハウス様

デジタルギフトをプレゼントするなら「デジコ」

デジタルギフトの導入を検討しているなら「デジコ」がおすすめです。デジコは担当営業がつくため、プレゼントキャンペーン企画の提案や運営補助などもいたします。

デジコの特徴

  • 導入後は発注から最短1~2時間で納品
  • 1円単位での交換が可能
  • 月の管理費用が無料
  • 後払いのため経理処理が楽(※前払いも可能)

デジコは6,000以上の豊富なラインナップから、受取手が好きな商品を自由に選べます。受取手の満足度を高めやすいため、企業へ良い印象を与える手助けとなるでしょう。

デジコの交換先一例

  • Amazonギフト券
  • ギフトカード(Google Play、App Store&iTunes)
  • ポイント・マイル・電子マネー各種

以下の資料からデジコの詳しい概要をご覧いただけるため、気になる場合はお気軽にダウンロードしてみてください。
デジコの資料をダウンロードする

まとめ:デジタルギフトで手軽にプレゼントを贈ろう

デジタルギフトは、実物の景品や商品よりも手軽に贈れるプレゼントです。

相手の好みが分からないときでも、デジタルギフトで受取手が好きな商品を選べれば、ハズレのプレゼントを贈る心配がありません。

SNSキャンペーンや謝礼にデジタルギフトは活用できるため、企業のPRやマーケティングを効果的におこなえます。デジタルギフトを使って相手が喜ぶプレゼントを贈りましょう。