デジタルギフトお役立ち記事

2021/9/15

デジタルギフト全6種類一覧!ビジネスへの活用のポイントと併せて解説

「デジタルギフトにはどんな種類があるのか」
「ビジネスでもデジタルギフトを活用できるのか」

と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

在庫や顧客情報を管理する手間がなく、低コストでの運用が可能なデジタルギフトは今後のビジネスマーケティングにおいても、ぜひ取り入れたい手法の一つです。

そこでこの記事では、以下の内容を解説していきます。

  • デジタルギフトの種類
  • ビジネスにおける活用方法
  • サービスを選ぶ際のポイント

デジタルギフトの種類や、デジタルギフトを使ったビジネスマーケーティングに興味のある方はぜひご一読ください。

ビジネスでデジタルギフトを活用したいなら「デジコ」がおすすめです。

6,000種以上の豊富な商品ラインナップを用意しており、個別にサポート担当も付くため、初めての方でも安心して活用いただけます。

以下のサイトからお気軽に資料をダウンロードください。
デジコの資料をダウンロードする

デジタルギフトで贈れる商品の種類6つ

デジタルギフトで贈れる商品の種類

  • 各種ギフト券
  • 各種ポイント
  • 現金
  • 実際の商品
  • 仮想通貨
  • 募金

利用するサービスにもよりますが、デジタルギフトで贈れる商品は大きく分けて上記の6つに分類できます。

ここではそれぞれの詳しい内容について紹介します。

※「そもそもデジタルギフトって何?」という場合は、以下の記事をご覧ください。

1.各種ギフト券

デジタルギフトで贈れるギフト券の例

  • Amazonギフト券
  • App Store & iTunesギフトカード
  • Google Play ギフトカード

デジタルギフトでは、Amazonギフト券をはじめとした各種ギフト券を贈ることが可能です。

そもそもギフト券には

  • 図書券やJCBギフトなど紙のまま使うタイプ
  • オンライン上でコードを送付するタイプ

の2種類があり、デジタルギフトは後者に該当します。

実物でのやり取りが不要な後者のタイプは、在庫や商品管理の必要がなく手軽に取り扱えるのが魅力です。

2.各種ポイント

デジタルギフトで贈れる各種ポイントの例

  • dポイント
  • 楽天ポイント
  • LINEポイント

デジタルギフトはdポイントや楽天ポイントなどの各種ポイントも贈れます。

各種ポイントはオンラインショップや実際の店舗での買い物に利用できます。

ユーザーは普段から使っているポイントを選べるので「使わないポイントをもらってしまった」という心配もありません。

3.現金

現金振り込みでできる銀行の例

  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行

ユーザーが指定した銀行口座に現金を振り込むタイプのギフトです。サービスによって対応している銀行の種類や数も異なりますので、事前に確認しておきましょう。

例に挙げたような大手銀行での換金が可能なサービスを選ぶのが望ましいです。

4.実際の商品

デジタルギフトで贈れる実際の商品例

  • グルメ
  • 家電・AV機器
  • 生活雑貨

デジタルギフトでは実際の商品を贈ることも可能です。

肉や海鮮・お米といった食材や、日常の生活に役立つ家電や雑貨など、幅広い種類を取り揃えています。

生ものや家電など、自社で在庫管理をする際には手間がかかる商品のため、取り扱う際にはデジタルギフトサービスに一任するのがおすすめです。

5.仮想通貨

デジタルギフトで贈れる仮想通貨の例

  • ビットコイン

デジタルギフトではビットコインなど、仮想通貨を贈ることも可能です。

仮想通貨に興味のあるユーザーに対してもアプローチできるので、時代に合わせた新しいギフトと言えるでしょう。

実物の商品と比べても発送や引き換えに時間がかからず、その場ですぐに交換できるのが特徴です。

6.募金

デジタルギフトから募金ができる法人団体の例

  • Amazonギフト券日本赤十字社
  • ユニセフ
  • 3keys

商品やポイントではなく、募金として上記で挙げたような保護団体・法人団体に寄付するギフトタイプです。

寄付文化が進んだアメリカなどでは貰ったデジタルギフトを寄付するケースも多く、日本でも2020年に「寄付型eギフト」が開始されています。

注目されつつあるギフトのひとつです。

デジタルギフトはビジネスにおいても活用できる

冒頭でもお伝えした通り、デジタルギフトは販促キャンペーンや社内のインセンティブなど、ビジネスにおいても活用できます。

  • 導入コストや作業人件費がかからない
  • 費用対効果の数字が取りやすい
  • オンライン上でユーザーとの接点を獲得できる

など、デジタルギフトを利用するメリットは様々です。

デジタルギフトはリード獲得の第一歩やユーザーとの初期の関係構築において、一躍買ってくれるでしょう。

以下の記事ではデジタルギフトの使い方についてまとめています。「ビジネスにおける活用方法を詳しく知りたい」という場合は、覗いてみてください。

デジタルギフトを選ぶ際の4つポイント

デジタルギフトを選ぶポイント

  1. サービス利用時の手数料をリサーチしておく
  2. 解決したい自社の課題に合わせたサービスを選択する
  3. ターゲットのニーズとマッチした種類を選択する
  4. 支払い方法(購入・発券方法)が運用しやすいか確認しておく

上記の4つがデジタルギフトを選ぶポイントです。

サービスによって商品の内容や料金が異なるので、自社の目的と用途を明確にした上でデジタルギフトサービスを選んでみてください。

ここでは上記4つのポイントに沿って、デジタルギフトの選び方をお伝えします。

1.サービス利用時の手数料をリサーチしておく

事前にサービス利用時の手数料をリサーチしておきましょう。デジタルギフトサービスでは商品ギフトの代金だけではなく、利用手数料もかかるためです。

サービスによっては月額制を採用していたり、発行額によって手数料のパーセンテージが変わる・個別の問い合わせが必要になる場合もあります。

自社の利用目的や規模によって様々ですので、複数サービスとの比較は欠かせません。

下調べを怠ると予期せぬ出費やコストがかさんでしまうケースもありますので、利用の目的に合ったサービスをリサーチしておきましょう。

2.解決したい自社の課題に合わせたサービスを選択する

そもそもデジタルギフトサービスを利用して、自社のどのような課題の解決・目標を達成したいのでしょうか。まずは最終的なゴールを設定することをおすすめします。

そのうえでサービス選定の際には、自分たちの目標達成に必要な機能が備わっているかどうかをしっかり確認しましょう。

  • 景品の価格を柔軟に調整したい:自由に景品の価格を設定できるサービス
  • 取りこぼしなくユーザーを集めたい:景品の種類が多いサービス
  • 自社オリジナルの景品を用意したい:オリジナル景品を作れるサービス

またサービスによっては、以下のような付加機能が利用できます。

  • Twitterのキャンペーンにおいて、その場で当落判定をおこない当選者に特典を付与する機能
  • レシートを撮影したものをPC・スマートフォンから応募してもらい、Web上だけでキャンペーンを完結させる機能

自社の予算や目的に合わせて、上記のような便利なサービスを追加するのも良いでしょう。

3.ターゲットのニーズとマッチした種類を選択する

サービスによって用意されているギフトは異なるため、ターゲットのニーズとマッチした種類を選択しましょう。

例えば、ゲームやアニメが好きなユーザー層には家電やグルメよりも

  • App Store & iTunesギフトカード
  • Google Playギフトカード

といった、より身近でニーズの高いギフトを贈るのがおすすめです。

このように、ターゲットのニーズとマッチしたデジタルギフトを選択してみてください。

4.支払い方法(購入・発券方法)が運用しやすいか確認しておく

デジタルギフトサービスを申し込む前に、支払い方法についても確認をしましょう。前払い制・後払い制とサービスによって違いがあります。

「前払いで購入したけど使い切れなかった」といったケースでは、かえって経理処理が煩雑になるリスクも考えられます。

デジタルギフトで施策をおこなう前に予算や見込まれるコストを計算し、無理のない運用で進行できるよう、あらかじめ準備をしておきましょう

おすすめのデジタルギフトサービス5選

おすすめのデジタルギフトサービス5選

  1. デジコ
  2. giftee for Business
  3. dgift
  4. Biz cotoco
  5. QUOカードPay

一口にデジタルギフトと言っても、様々なサービスが存在します。「どれを選べばいいの?」と迷ってしまうかもしれません。

そこで本項では、おすすめのデジタルギフトサービスとして、上記の5社を紹介します。

1.デジコ

「デジコ」はAmazonギフト券をはじめとする、人気のギフト券や電子マネー・ポイントなど6,000種類以上の商品を贈れるギフトサービスです。

ユーザーにアプリのインストールや会員登録など、特別な操作を要求せずWeb上でいつでも利用できます。

各社にサポート担当が付くため、「初めてデジタルギフトを利用する」という場合でも安心です。

2.giftee for Business

「giftee for Business」は、デジタルギフトのパイオニアと言われる株式会社ギフティの法人向けサービスです。

コンビニやカフェチェーンで利用できるギフト券や、Amazon・App Storeで使えるギフトカードなど、500種類以上の商品を取り扱っています。

サービスを開始してから2年で導入件数4,000件を超えており、幅広い業界で利用されています。

3.dgift

「dgift」は6000種類以上の豊富なラインナップが魅力のデジタルギフトサービスです。

初期費用0円で始められ、ギフトの当選確率を調整できるので自社の予算に合わせたキャンペーン設定が可能です。

200円以内のコンビニ商品から家電や高級食材などの高額商品まで、幅広いギフトを揃えているため、イベント・キャンペーンに合わせた商品設定がおこなえます。

4.Biz cotoco

「Biz cotoco」は世界初のソーシャルギフトサービスを提供するSK planetの日本法人です。

長年ギフトサービスを提供してきたノウハウを備えており、法人向けデジタルギフトサービスの中ではトップクラスの品揃えを誇っています。

発行手数料やシステム利用料の低価格で提供しており、競業他社より低いコストを実現しています。

5.QUOカードPay

「QUOカードPay」は、発行されたURLをメールや各種SNSへ送付するだけで簡単にプレゼントできるデジタルギフトです。

個人情報やクレジットカードの登録・アプリのインストールをせずに、スーパーやコンビニ・カフェなど身近なお店で利用できるため、ギフトを贈られたユーザーも気軽に利用できます。

現金との合算も可能なため、端数の金額は切り捨てされることなく全額利用できるのも魅力です。

まとめ:デジタルギフトはデジタル時代の新しいマーケティング手法!

ここまでデジタルギフトで贈れる商品の種類や、デジタルギフトのおすすめのサービスや選ぶポイントについて解説しました。

デジタル時代の進化にともない、デジタルギフトは

  • ユーザーの個人情報や商品在庫の管理を必要としない
  • 販促・SNSでのマーケティングとして役に立つ
  • 手軽に始められる

とビジネスにおいても無視できないマーケティング手法のひとつになっています。

もし「デジタルギフトを導入してみたい」という場合は、「デジコ」がおすすめです。

デジコでは月額費用・初期費用0円で、6,000種類以上のギフトから選べるデジタルギフトを提供しています。

個別にサポート担当者が付くため、初めてデジタルギフトを活用する場合でも安心です。

以下のページでデジコの資料を配布しておりますので、ぜひお気軽にダウンロードください。

デジコの資料をダウンロードする