デジタルギフトお役立ち記事

2022/8/31

ソーシャルギフトとは?活用するメリット・デメリットや使い方を解説

「ソーシャルギフトとはどのようなもの?」
「ソーシャルギフトを活用するメリットはあるのか」

と思うことはありませんか?

本記事ではソーシャルギフトの基本的な特徴や、メリット・デメリット・使い方について解説します。

「ソーシャルギフトについて詳しく知りたい」「ソーシャルギフトの利用を考えている」という場合は、ぜひご一読ください。

法人向けのソーシャルギフトなら「デジコ」がおすすめです。

デジコなら在庫を持つ必要がなく、使った分だけ後払いOK。6,000種類以上の中から受け取り側がギフトを選べるので、お礼選びで失敗することがありません。

詳しくは、下記のボタンから「デジコの活用方法や導入事例」をまとめた資料をお気軽にダウンロードください。

デジコの資料をダウンロードする

ソーシャルギフトとは?

ソーシャルギフトとは、手渡しや配送手続きが不要でオンライン上でも簡単に贈れるギフトです。

インターネットやスマートフォンの普及から、オンライン上のみでやり取りが完結するコミュニケーションも増えています。

Web上でのやり取りが増えたことで、ここ数年でソーシャルギフトの需要も高まっており、2025年には現在の2倍以上の市場規模に広がると予想されています。

(参考:商品券・ギフト券/eギフト市場に関する調査を実施(2021年)

ソーシャルギフトの5つのメリット

ソーシャルギフトの5つのメリット

  1. 相手の住所を知らなくても贈れる
  2. 梱包・発送や手渡しの手間が不要
  3. 動画・画像やメッセージと一緒に贈れる
  4. 受け取り方法を選べる
  5. 気軽に贈ることができる

ソーシャルギフトには上記5つのメリットがあります。

本項では一つずつの詳細について説明します。

メリット1.相手の住所を知らなくても贈れる

ソーシャルギフトはメールやSNS上での受け渡しができ、相手の住所を知らない間柄でも気軽にギフトを贈れる点がメリットです。

「ギフトを贈りたいが、相手の住所や個人情報を聞くのは難しい……」といった状況でも、ソーシャルギフトであれば解決できます。

特に法人においては、顧客やユーザーの個人情報の管理が不要になるなど、自社業務の負担軽減につながる点もメリットとして挙げられます。

メリット2.梱包・発送や手渡しの手間が不要

相手にソーシャルギフトを贈る際には基本デジタルでの受け渡しになるので、梱包・発送の手続きや手渡しの必要がありません。

スマートフォンやPCが1台あれば、自宅から簡単に贈れる点もソーシャルギフトの特徴です。

メリット3.動画・画像やメッセージと一緒に贈れる

デジタルで贈るメリットとして、動画・画像や各ギフトサービスが用意したメッセージカードを添えて贈ることができる点も挙げられます。

思い出の写真やビデオメッセージを添えて贈ることで、よりオリジナリティのある特別なギフトとして印象付けられる点もメリットです。

さらにギフトサービスによっては「お誕生日」「出産祝い」など、カテゴリ別におしゃれなデザインのメッセージカードが用意されています。

メリット4.受け取り方法を選べる

贈られた相手が

  • 実際に店舗に赴いて使うギフト
  • 自分が選んだ商品を郵送してもらうギフト

と、ギフトの受け取り方法を選べる点もメリットです。

相手の近隣に実店舗がない場合は、自宅まで郵送してもらえる方法を選べるなど、汎用性が高いのもソーシャルギフトの特徴として挙げられます。

メリット5.気軽に贈ることができる

ソーシャルギフトは数百円のギフトから気軽に選べるため、ちょっとしたお礼やお祝いのギフトとしても気軽に贈れるメリットがあります。

「コンビニやスーパーで飲料・食品と交換して気分転換してもらいたい」といったささやかな気持ちも、ソーシャルギフトで伝えることが可能です。

ソーシャルギフトの3つのデメリット

ソーシャルギフトの3つのデメリット

  1. 相手が使い方を知らないケースもある
  2. 利用できる店舗が限られている可能性がある
  3. ギフトによっては使用期限が設けられている

反対にソーシャルギフトには、上記のようなデメリットも挙げられます。

本項ではそれぞれの特徴について解説します。

デメリット1.相手が使い方を知らないケースもある

相手がスマートフォン・PCの操作に慣れていない場合、もらったソーシャルギフトをどのように扱うのかわからないケースも考えられます。

贈った後の流れや使い方など、贈った側からのアフターフォローが必要となる場合も踏まえて、ギフトを選ぶのが大切です。

デメリット2.利用できる店舗が限られている可能性がある

贈られた相手の住所によっては、ギフトを交換できる店舗や施設が限られている可能性があります。

相手がどこに住んでいるかを把握していない場合には、どこに住んでいても利用できる自宅郵送タイプのギフトを選ぶのがおすすめです。

親しい相手に贈る場合には、ギフトを選ぶ前に住んでいるエリアや近隣店舗を確認するのも一つの方法です。

デメリット3.ギフトによっては使用期限が設けられている

ソーシャルギフトには使用期限が設けられているケースが多く、期限を超えてしまうと交換やギフト発送が受け付けてもらえないケースもあります。

多忙な方にはあらかじめ、ギフト選びに期限があることを伝えておくのがおすすめです。

または使用期限が設けられていない商品券・ギフトカードを選ぶことで、ギフトの期限切れを防げる可能性が上がります。

ソーシャルギフトの使い方3ステップ

ソーシャルギフトの使い方3ステップ

  1. 贈りたいギフトを選ぶ
  2. 一緒に贈りたい画像や動画、テンプレートデザインを選ぶ
  3. 決済した後、発行されたURLを贈りたい相手に共有する

ソーシャルギフトの使い方は大きく分けて上記の3ステップに別れます。

本項ではそれぞれの内容について説明します。

ステップ1.贈りたいギフトを選ぶ

まず初めに、相手に贈りたいギフトを選定します。

サービスによっては予算や目的から一覧で選べるサービスや、動画・画像・メッセージを添付できるサービスなどさまざまな特色があります。

自分の予算感や使い勝手が一番良いサービスを選ぶことで、ストレスなくスムーズにギフトを贈ることも可能です。

ステップ2.一緒に贈りたい画像や動画、テンプレートデザインを選ぶ

メッセージカードのデザインやメッセージの文章、画像・動画を添付できるサービスを選んだ場合、次にここで設定をおこないます。

お礼やお祝いの気持ちを込めたギフトを贈る際には、各種サービスのメッセージテンプレートや文字数制限などを事前に確認しておくのもおすすめです。

ステップ3.決済した後、発行されたURLを贈りたい相手に共有する

贈りたいソーシャルギフトを決めて、決済が完了した後にURLが発行されます。

そのURLをSNSやメールを通じて相手に贈り、必要な項目(欲しいギフト・発送日・個人情報)を入力・選択してもらいます。

この際、ほとんどのソーシャルギフトサービスでは、入力・発送期限が設けられている点にも注意が必要です。

贈った相手に

  • 期限があることを伝える
  • 期限切れになる前に再度通知する

など対応策を講じておけば安心です。

【用途別】おすすめのソーシャルギフトサービス

【用途別】おすすめのソーシャルギフトサービス

  • 個人利用ならAmazonギフト券がおすすめ
  • 法人利用ならデジコがおすすめ

ソーシャルギフトサービスは、個人利用か法人利用かでおすすめのサービスが異なります。

ここでは個人・法人別のおすすめソーシャルギフトサービスを紹介します。

個人利用ならAmazonギフト券がおすすめ

出典:https://www.amazon.co.jp/b?node=2351652051

個人でソーシャルギフトを利用するなら、Amazonギフト券がおすすめです。

国内利用者も約5,000万人と、他のサービスと比較しても全国上位に入る利用者数を誇るサービスです。

品揃えも約一億種類以上と豊富なことから、日用品や趣味のアイテム・書籍など贈られた相手が自由に商品を選べます。

Eメールタイプであれば15円から発行ができるため、語呂合わせや記念日にちなんだギフト券を発行することも可能です。

他にもさまざまな特徴を持った、ソーシャルギフトサービスがあります。

より詳細を知りたい場合は、以下の記事もぜひご参考にしてください。

法人利用ならデジコがおすすめ

法人でソーシャルギフトの利用を考えている場合には、デジコが提供しているデジタルギフトサービスがおすすめです。

AmazonギフトカードやPayPayボーナスなど、人気のギフトを含めた6,000種類の豊富な種類を用意しております。

さらに後払いでの利用が可能であり、先払いと比べて経理処理の手間も軽減されるため、社内業務の効率化にもつながります。

下記のボタンから「デジコの活用方法」や「デジコの導入事例」をまとめた資料をダウンロードできるので、興味がある場合はお気軽にダウンロードください。

デジコの資料をダウンロードする

まとめ:SNSで気軽に贈れるソーシャルギフトを活用しよう

ソーシャルギフトは相手の個人情報を知らない場合でも、SNSやメールで気軽にギフトを贈れるサービスの一つです。

ギフトのなかにはコンビニやチェーン店で使える100円単位の安価なギフトも用意されており、ちょっとした気持ちを伝える場合にも活用できます。

Web上で気軽に贈れるソーシャルギフトは、個人・法人どちらでも汎用的に使えるギフトとして、現在でもさまざまな場面で利用されています。

誰にでも簡単に贈れるギフトとして、ぜひソーシャルギフトをご活用ください。