デジタルギフトお役立ち記事

2022/4/30

Twitterの抽選ツール8選!キャンペーンを効率化するサービスを紹介

Twitterのプレゼントキャンペーンにおいて、多数の応募者から当選者を自力で選ぶのは、骨の折れる作業です。

当選者を選ぶ手間と時間を省くには、抽選ツールを使うと効率化できます。

とはいえ、「どのような抽選ツールがあるの?」と疑問に思っているのではないでしょうか。

そこでこの記事では、おすすめのTwitter抽選ツールとその選び方についてまとめました。

Twitterキャンペーンを効率化する抽選ツールがわかりますので、ぜひ最後までご覧ください。

「とにかくおすすめの抽選ツールが知りたい!」という場合は、BUZZGIFTをおすすめします。

BUZZGIFTは抽選機能だけでなく、Twitterキャンペーンに必要な機能が標準装備されています。

業界最安値&初期費用無料で提供しているため、コストパフォーマンスも高いです。

BUZZGIFTの概要や導入事例については、以下のボタンより「SNSキャンペーン資料請求」をお気軽にダウンロードください。

資料をダウンロードする

Twitterキャンペーンの抽選方法は大きく2種類

Twitterキャンペーンの抽選方法

  • 後日抽選する方法
  • その場で抽選する方法(おすすめ)

抽選方法には大きく2種類あり、どちらの抽選方法を採用するかによって抽選ツールの選び方も変わります。

まずは抽選ツールを紹介する前に、抽選方法の違いを見ていきましょう。

種類1.後日抽選する方法

ひとつ目は、応募者がある程度集まってから後日抽選する方法です。

運営側が当選者を決めるため、キャンペーン目的にあったターゲットを当選者に選べます。

普段から積極的にツイートしているユーザーや、フォロワーが多く拡散力のあるユーザーなどを当選者に選ぶことも可能です。

ただし、規模の大きいキャンペーンや応募者数が多い場合などは、抽選作業も大変になります。

種類2.その場で抽選する方法

続いての方法が、応募したらその場で自動抽選する方法です。

ユーザーは当落結果を長い期間待つ必要がありません。また、運営側にとっては抽選作業を自動化でき、毎日抽選などキャンペーンの幅を広げられます。

その場で抽選する方法はインスタントウィンと呼ばれ、ツールによって抽選の流れはさまざまです。

インスタントウィンの例

  • 対象ツイートをリツイートすると専用ページに変遷し抽選
  • 対象のハッシュタグをつけて投稿したツイートに抽選結果が自動返信(オートリプライ)

インスタントウィンツールは抽選以外の機能をそろえていることも多く、効率性をより重視するならおすすめです。

Twitterキャンペーンのおすすめ抽選ツール8選

Twitterキャンペーンのおすすめ抽選ツール8選

  1. BUZZGIFT
  2. あたるぞ
  3. キャンつく for インスタントウィン
  4. 抽選ったー
  5. ATELU
  6. boite
  7. echoes
  8. RTWIN

それでは、Twitterキャンペーンで使える抽選ツールを紹介します。

抽選ツール1.BUZZGIFT

抽選方法 その場で抽選(インスタントウィン)
料金 300,000円~
商業利用

「BUZZGIFT(バズギフト)」はコストパフォーマンスに優れた抽選ツールで、以下3つの特徴があります。

BUZZGIFTの特徴

  • インスタントウィンツールで業界最安値の料金
  • 多彩なキャンペーン形式を提供
  • 6,000種のデジタルギフトを提供&自社クーポンも対応可能

抽選機能は使い勝手が良く、景品の複数設定や当選確率の設定、すでに当選したユーザーの二度当て防止機能などがあります。

また、BUZZGIFTが提供するギフトをキャンペーン景品にすることもでき、自社で景品を個別手配する手間がかかりません。

必要な機能がそろいつつも業界最安値(初期費用無料)で利用できます。BUZZGIFTの詳しい資料は以下よりご自由にダウンロードください。

資料をダウンロードする

抽選ツール2.あたるぞ

出典:https://ataruzo.net/help/

抽選方法 後日抽選
料金 15,000円(個人利用の場合は無料)
商業利用

「あたるぞ」は、無料抽選ツール「あたれら」の後継サービスとして生まれました。

無料のあたれらでは、短期間かつ個人のキャンペーンにしか利用できません。

一方あたるぞは、1週間以上のキャンペーンや大規模なキャンペーンに対応し、法人利用も可能です。

抽選機能はベーシックで、リツイートやハッシュタグから応募者を抽出し、設定条件に基づいて自動抽選されます。

抽選ツール3.キャンつく for インスタントウィン

出典:https://camtsuku.com/instantwin/

抽選方法 その場で抽選(インスタントウィン)
料金
  • ライト版:300,000円~
  • 通常版:400,000円~
商業利用

「キャンつく for インスタントウィン」は法人での利用実績が多い抽選ツールです。

通常版・ライト版の2プランがあり、それぞれ料金や抽選の流れが異なります。

通常版はオートリプライで抽選結果をお知らせ、ライト版はツイート内のURLへアクセスすると抽選結果がわかる仕組みです。

また、Twitterキャンペーンのクリエイティブ作成や運用サポートも別途申し込めるため、自社で対応すべき業務をさらに削減できます。

抽選ツール4.抽選ったー

出典:https://lottritter.o-kami.com/

抽選方法 後日抽選
料金
  • FREEプラン:0円
  • LIGHTプラン:月額500円or買い切り5,000円
商業利用

「抽選ったー」は法人でも無料で使える抽選ツールです。ただし無料プランは機能制限があるため、規模の小さいキャンペーンにおすすめです。

応募ツイート数が5,000件を超える場合や、リツイートやハッシュタグから応募ツイートを検索したい場合などは有料プランが良いでしょう。

導入手続きや複雑なステップなく使えるため、「とにかく簡単に抽選できれば良い」という場合は使ってみてはいかがでしょうか。

抽選ツール5.ATELU

出典:https://www.comnico.jp/products/atelu/jp

抽選方法
  • 後日抽選
  • その場で抽選(インスタントウィン)
料金
  • 後日抽選のキャンペーン:200,000円
  • インスタントウィンキャンペーン:1,000,000円
商業利用

「ATELU(アテル)」はTwitterやInstagramのキャンペーン作業を一括管理できるクラウドツールです。

自動抽選だけでなく、簡易レポートの自動生成や当選DMの一括送信などができます。また、応募条件を満たしているか細かいフィルタリング設定も可能です。

キャンペーンのさまざまな設定をしておけば、あとはほとんど自動化できるため手間は削減されます。

ただ、インスタントウィンキャンペーン1回あたりの基本料金は1,000,000円(税抜)と、コストは比較的高めです。

抽選ツール6.boite

出典:https://boite-cp.jp/

抽選方法 その場で抽選(インスタントウィン)
料金 1,550,000円
商業利用

「boite(ボワット)」はTwitterキャンペーンの効果を可視化するツールです。キャンペーン参加者の属性や獲得したフォロワーの定着率など、分析を得意としています。

他ツールにはない独自機能も特徴的です。チャットボットや独自ポイントを付与するエンゲージメント機能を使い、フォロワーとのコミュニケーションを深められます。

SNSマーケティング専門会社によるツールのため、企業に貢献するTwitterキャンペーンをサポートします。

抽選ツール7.echoes

出典:https://service.aainc.co.jp/product/echoes/

抽選方法 その場で抽選(インスタントウィン)
料金 有料(要問合せ)
商業利用

「echoes(エコーズ)」は抽選ツールとして使うだけでなく、専任コンサルタントにキャンペーン設計を依頼できます。

「売上につながるTwitterキャンペーン」をテーマにしており、キャンペーン参加者のクーポン利用率や商品購入率などを独自調査で可視化します。

キャンペーン終了後も改善施策を専任コンサルタントが提案するため、企画を作り込みたい場合におすすめです。

抽選ツール8.RTWIN

出典:https://n2p.co.jp/rtwin/

抽選方法 その場で抽選(インスタントウィン)
料金 有料(要問合せ)
商業利用

「RTWIN」は、ヤクルトやDellといった大手企業でも導入実績のあるツールです。

キャンペーン投稿から当選DMの配信まで自動化し、運営側の手間を大きく削減します。

当選確率のリアルタイム変更やレポート作成機能など、オプションで必要な機能を追加することも可能です。

また、クリエイティブ作成や広告運用も担っており、幅広い角度からキャンペーン運営をサポートしています。

Twitter抽選ツールに迷ったときの3つの選び方

Twitter抽選ツールに迷ったときの3つの選び方

  • 商業利用できるか
  • 賞品の配布までワンストップでできるか
  • 導入まで時間がかからないか

各抽選ツールで細かい機能や特徴は異なるものの、「結局どれを選べば良いかわからない」と悩むこともあるでしょう。

ここでは、抽選ツール選びに迷ったときに役立つ選び方を紹介します。

選び方1.商業利用できるか

抽選ツールを商業利用できるかは、判断基準のひとつとして重要です。なかには商業利用不可の抽選ツールもあり、その場合は法人で利用できません。

特に無料の抽選ツールでは、利用規約をよく確認してから使用がおすすめです。

無料の抽選ツールの場合、商業利用は自己責任の利用や、有料プランでの利用を求められることが多いです。

選び方2.景品の配布までワンストップでできるか

サービスによっては、景品の配布までワンストップでおこなっています。

抽選だけでなく景品配布も自動化できれば、キャンペーン運営の手間がさらに省けて便利です。

注意点としては、オンラインで配布できる景品に限られる場合があります。

例えばデジタルギフトや各種ポイント、電子クーポンなどがオンラインで配布できる景品にあたります。

自社商品やサービスを景品にしにくい場合なども、景品提供までおこなっているツールが役立つでしょう。

選び方3.導入まで時間がかからないか

スピーディに導入できる抽選ツールがおすすめです。

申し込みから導入まで短期間で終われば、ショット(1回きり)での実施や急なキャンペーンにも対応できます。

抽選ツールは通常、導入までに2週間~1ヵ月程度かかることが多いです。

その点、BUZZGIFTは最短2日で導入できます(初期費用も無料)。詳しくは以下ボタンの「SNSキャンペーン資料請求」にまとめているので、お気軽に確認してみてください。

資料をダウンロードする

まとめ:抽選ツールでTwitterキャンペーンを効率化しよう

抽選方法は後日抽選とその場で抽選(インスタントウィン)の2種類あり、ツールによって採用している方法が異なります。

後日抽選は無料ツールもありますが、より便利で多機能なインスタントウィンツールは基本的に有料です。

抽選ツールを使えばTwitterキャンペーンの運営を効率化できますので、ぜひ活用してみましょう。