デジタルギフトお役立ち記事

2021/11/30

インスタントウィンの意味とは?仕組みから成功の3つのポイントまで全解説

「インスタントウィンって何?」
「どのように始めればいいの?」

と思うことはありませんか?

ユーザーが気軽に参加でき、フォロワー増加に効果的なインスタントウィンは、SNSで効果的な手法の一つです。

本記事ではインスタントウィンの仕組みや活用のメリット、成功させるポイントなどについてお伝えします。

インスタントウィンについて網羅的に理解できるようまとめたので、ぜひご一読ください。

インスタントウィンキャンペーンの景品なら、6,000種類以上のラインナップを用意したデジタルギフト「デジコ」が効果的です。

インスタントウィン代行オプションもあり、自社にリソースやノウハウがない場合でもキャンペーンを実施できます。

詳しくはインスタントウィンの専用資料にまとめているので、以下のページからお気軽にダウンロードください。

インスタントウィンとは「その場ですぐ当選結果がわかるキャンペーン」

インスタントウィンとは、その場ですぐ当選結果がわかるキャンペーンのことです。

Twitter・LINE・InstagramなどのSNSから、特定のアカウントのフォロー&リツイートや友達追加をすることで簡単に参加できます。

他のSNSキャンペーンとして

  • 「特定のハッシュタグをつけて投稿したユーザー」の中から抽選で当選者を選ぶハッシュタグキャンペーン
  • 実際の商品や特定スポットの写真投稿を促すフォトコンテストキャンペーン

などが挙げられます。

インスタントウィンは上記のキャンペーンと異なり、その場ですぐに応募が可能で抽選結果もすぐにわかる参加ハードルの低さが魅力でしょう。

さらに魅力的な景品を用意できれば、より参加ユーザーや拡散数の増加が狙えます。

インスタントウィンのやり方4ステップ

インスタントウィンのやり方4ステップ

  1. ターゲット・目的を定める
  2. インスタントウィンツールを選ぶ
  3. クリエイティブを作成する
  4. キャンペーンを実施し、景品を当選者に届ける

インスタントウィンを始める際に必要な手順は、大まかに分けると上記の4ステップです。

まずはキャンペーンのターゲットと目的を設定し、それに従って実施期間や景品の詳細を決めていきます。

次に使用するインスタントウィンツールを選びます。

ツールないとキャンペーンの成果把握が難しく、その後の施策を展開することが難しいため、基本的には導入することがおすすめです。

ツール導入後はツイートの文章や画像などのクリエイティブを作成します。

そしてクリエイティブの準備ができたらキャンペーンを実施し、景品を当選者に届ける、という流れです。

本記事では概要を理解いただくために簡潔にお伝えしたので、「より詳しいやり方を知りたい」という場合は以下の記事もぜひご覧ください。

インスタントウィンをキャンペーンに活用する4つのメリット

インスタントウィンをキャンペーンに活用する4つのメリット

  1. ユーザーが簡単に参加できるため集客が期待できる
  2. 拡散による自社商品・サービスの認知拡大が見込める
  3. フォロワーが増加し新規顧客とつながりをもてる
  4. 既存顧客との良好な関係構築に役立つ

インスタントウィンキャンペーンをおこなうメリットとして、上記の4つが挙げられます。

本項では、それぞれの詳細について解説します。

メリット1.ユーザーが簡単に参加できるため集客が期待できる

インスタントウィンは多くの場合、参加条件がアカウントの「フォロー&リツイート」「友達登録」のみと、簡単に参加できる点がメリットです。

ユーザーが気軽に応募できるだけではなく、企業側も短期間で多くの接点を確保できます。

そのため、その後の他キャンペーンやマーケティングにも活用できるでしょう。

メリット2.拡散による自社商品・サービスの認知拡大が見込める

SNSという情報拡散がされやすい特性を活かしたインスタントウィンは、短期間で幅広いユーザーに認知・キャンペーン参加をしてもらえる特徴があります。

クローズドな従来のキャンペーンと異なり、他ユーザーの当落がチェックできるキャンペーンだからこそ「自分も参加してみようか」とユーザーの行動を促すことが可能です。

さらに抽選に当たったユーザーが、自ら景品の写真や感想を添えて投稿をするケースも多くあり、さらなる拡散や自社認知の向上も期待できるでしょう。

メリット3.フォロワーが増加し新規顧客とつながりをもてる

インスタントウィンキャンペーンに参加する条件に「フォローor友達登録」を追加することで、短期間で多くのユーザーと接点を設けることが可能です。

参加ハードルが低いインスタントウィンキャンペーンは、新規顧客とのつながりを得るのに最適な施策と言えるでしょう。

キャンペーン終了後にフォロー解除や友達登録の解除をされてしまわないよう、定期的なキャンペーンの開催やお得情報の共有など「ユーザーにとってメリットのある存在」であることをアピールしていきましょう。

メリット4.既存顧客との良好な関係構築に役立つ

すでに自社を認知している・利用している既存顧客の立場でも、簡単に参加・応募ができるインスタントウィンキャペーンは魅力的な施策です。

顧客との関係構築において「自社のファンになってもらうこと」は重要なポイントであり、より自社アカウントと交流・やりとりができるインスタントウィンはその一助を担ってくれる期待が持てます。

特に当落に関わらず、参加した全員に何らかのクーポンや割引チケットが配布されるキャンペーンは、既存の顧客からも喜ばれる内容です。

インスタントウィンを活用したキャンペーン事例

ソーシャルゲームアプリ「ステーションメモリーズ!(駅メモ!)」の開発運営をされている、モバイルファクトリー様の事例です。

サービス誕生から7周年を記念し

  • 新規ユーザー→自社サービスの認知
  • 既存ユーザー→毎日プレイしてもらえるきっかけ作り

をおこないたいと、Twitterインスタントウィンを活用したフォロー&リツイートキャンペーンを実施します。

その後はキャンペーン開始から一週間で新規フォロワー1.7万を達成します。

さらにTwitterトレンド入りを果たしたことで、当初計画していた新規・既存ユーザーへの認知拡大が期待できる結果となりました。

なおインスタントウィンを活用したキャンペーン事例は他にもございます。

さらに詳細や他事例を知りたい場合は、こちらの記事もぜひご一読ください。

インスタントウィンキャンペーンを成功させる3つのポイント

インスタントウィンキャンペーンを成功させる3つのポイント

  1. ターゲット・目的を明確にする
  2. ターゲットのニーズに合わせてクリエイティブを考える
  3. ツールを活用して運用コストに配慮する

インスタントウィンキャンペーンを成功させるためには上記3つのポイントが重要です。

それぞれの詳細について解説します。

ポイント1.ターゲット・目的を明確にする

まずはキャンペーンのターゲット・目的を明確にしましょう。

その上で

  • 認知拡大のためのリツイート数を増やす
  • コンテンツに関心を持ってもらうため、エンゲージメント総数を増やす

など目に見える具体的な数値目標を決めて、それを達成するためのツイート内容を考えます。

ポイント2.ターゲットのニーズに合わせてクリエイティブを考える

最初に定めた目標を達成するに、ターゲットのニーズに合わせたクリエイティブを考えましょう。

クリエイティブは一目見ただけで「キャンペーン内容を理解しやすく」「参加したくなる」魅力的なデザインとなっていることが重要です。

また、キャンペーンに参加してもらえる景品も参加率に影響します。

  • ターゲット層にとってニーズの高い景品とはなにか
  • その景品は受け取りやすい品物かどうか

など、ターゲットファーストなキャンペーン設計を進めていきましょう。

ポイント3.ツールを活用して運用コストに配慮する

キャンペーンの企画~当選者への手元に商品が届くまでの全体工数を具体的にし、効率的に運用できる体制を整えることも重要です。

キャンペーンや景品の内容によっては

  • 応募ユーザーが参加条件を達成しているかの確認が必要
  • 景品の発送や梱包作業など、受け渡し作業が必要

のように、工数や費用が必要となるケースも考えられます。

そのため運用コストを削減できるツールや景品の導入も検討しておいてください。

インスタントウィンキャンペーンならデジタルギフトの「デジコ」

デジコは6,000種類もの豊富なラインナップを揃えた、デジタルギフトです。

最短2日で納品可能なため、迅速なキャンペーンも実現できます。

さらに

  • 広告配信・その他広告配信のオプション
  • キャンペーン開始〜当選者へのギフト配布までをデジコが全て担当
  • バナー作成も低コストで依頼可能

といった、Twitter・LINEインスタントウィンをサポートするサービスもご用意しております。

「インスタントウィンのノウハウやリソースがない」「何から始めればいいのかわからない」とお困りの場合、以下からお気軽に資料をダウンロードください。

デジコの資料をダウンロードする

まとめ:インスタントウィンでSNSマーケティングを加速させよう

インスタントウィンは、認知向上やフォロワー増加に適したキャンペーンです。

気軽に参加できるため、ユーザーにとっても利便性の高い施策と言えます。

紹介した内容を参考に、インスタントウィンの実施を検討してみてください。