デジタルギフトお役立ち記事

2021/11/30

Twitterキャンペーン全7種類|効果を最大限に高める手法の選び方

「Twitterキャンペーンにはどんな種類があるの?」
「キャンペーン手法はどのように選んだらいいのだろう」

と悩むことはありませんか?

Twitterキャンペーンは、応募方法やキャンペーンの見せ方などによって大きく7種類に分けられます。

最適なキャンペーン手法をとるためにも、キャンペーンの種類と特徴について知っておくことが大切です。

そこでこの記事では、Twitterキャンペーンの種類や選び方を、事例を交えてまとめました。

失敗しないポイントもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

Twitterキャンペーンの景品なら、デジタルギフトの「デジコ」がおすすめです。

デジコは最短2日で導入が完了するため、スピーディにキャンペーンを開催できます。

また、1円から発行できるため予算に合わせて景品を柔軟に設定することも可能です。

デジコについて詳しくは以下に資料をご用意していますので、お気軽にダウンロードください。
デジコの資料をダウンロードする

Twitterキャンペーンとは

Twitterキャンペーンとは、宣伝や販促活動の一環としてTwitterで開催するキャンペーンです。

Twitterユーザーを対象にキャンペーンを実施し、キャンペーン参加者は抽選などで景品を受け取れます。

Twitterキャンペーンはアカウントさえあれば開催できるため、導入ハードルが低く予算を抑えやすいキャンペーン手法といえるでしょう。

Twitterキャンペーンは主に7種類ある

7種類のTwitterキャンペーン

  1. ハッシュタグキャンペーン
  2. リツイートorいいねキャンペーン
  3. フォロー&リツイートキャンペーン
  4. 引用リツイートキャンペーン
  5. カンバセーショナルカードキャンペーン
  6. リプライキャンペーン
  7. インスタントウィンキャンペーン

Twitterにはフォローやリツイート、ハッシュタグなどさまざまな機能があります。

どの機能を活用するかにより、Twitterキャンペーンを7種類に分けることが可能です。

それぞれのキャンペーンの特徴や仕組みなどを見ていきましょう。

種類1.ハッシュタグキャンペーン

ハッシュタグキャンペーンはオリジナルのハッシュタグを作成し、ハッシュタグ付きでツイートを投稿してもらうキャンペーンです。

ハッシュタグは誰でも自由に作成でき、商品の特徴を織り混ぜたりキャッチコピーのように印象付けたりできます。

ハッシュタグ付きツイートが多く投稿されれば、Twitterのトレンド入りを期待できます。

Twitterのトレンド入りすれば、フォロワー外のユーザーへアピールするのに効果的です。

種類2.リツイートorいいねキャンペーン

リツイートorいいねキャンペーンは、「リツイート」または「いいね」をすると応募できるキャンペーンです。

このキャンペーンは、2種類の景品を用意する際に適しています。

「A賞が欲しい人はリツイート・B賞が欲しい人はいいね」といったように、景品別に応募方法を簡単に分けられます。

景品をプレゼントするキャンペーン以外にも、2択アンケートとして活用する手もあるでしょう。

種類3.フォロー&リツイートキャンペーン

フォロー&リツイートキャンペーンは、アカウントの「フォロー」および対象ツイートを「リツイート」してもらうキャンペーンです。

フォローとリツイートをタップするだけなので、簡単にキャンペーンへ応募できます。

ユーザーは投稿を作成する手間がかからず、より多くの人のキャンペーン参加を期待できるでしょう。

また、フォロー&リツイートキャンペーンの応用として、以下の例のように投票型にする方法もあります。

上記のようなリツイート用投稿を複数用意し、「好きな投稿を選んでリツイートしてください」と呼びかけます。

それぞれの投稿のリツイート数を順位付けすれば、一番人気はどれかわかるという仕組みです。

種類4.引用リツイートキャンペーン

引用リツイートキャンペーンは、対象の投稿に対して引用リツイート(コメントを入れられるリツイート方法)をしてもらうキャンペーンです。

ユーザーの感想や意見を集められるため、ただのリツイートよりもキャンペーンに対する反応をうかがえます。

なお、引用リツイートキャンペーンは単独実施より、フォロー&リツイートキャンペーンと並行しておこなわれることも多いです。

例えば「A賞なら引用リツイート、B賞ならリツイート」といった形式がとられます。

種類5.カンバセーショナルカードキャンペーン

カンバセーショナルカードキャンペーンは、複数のハッシュタグを選択肢として用意し、ユーザーが好きなハッシュタグでツイートするキャンペーンです。

【カンバセーショナルカードキャンペーンの例】

通常のハッシュタグキャンペーンでは、ハッシュタグはひとつしか用意しません。

しかしカンバセーショナルカードキャンペーンの場合、最大4つまでハッシュタグを用意できます。

複数のハッシュタグの選択肢があることで、アンケートやクイズ的要素を含むこともでき、ユーザーがつい参加したくなる仕組みです。

種類6.リプライキャンペーン

リプライキャンペーンは、投稿したツイートに対してリプライ(返信)で応募できるキャンペーンです。

例えば、「商品の使い心地をリプライで教えてくれた人の中から、オリジナルグッズをプレゼント」などのキャンペーン展開ができます。

既存ユーザーに対しておこなうため拡散力は期待できませんが、商品や企業のファン化を促せるでしょう。

種類7.インスタントウィンキャンペーン

インスタントウィンキャンペーンは、その場ですぐ当落結果がわかる仕組みのキャンペーンです。

フォロー&リツイートキャンペーンと組み合わせて実施されることが多いです。

ユーザーが応募アクションをおこなうと、当落結果をチェックできる専用URLがリプライやDMで届きます。

応募後のユーザー対応が自動でおこなわれるため、キャンペーン開催側の負担を減らせます。

インスタントウィンのさらに詳しい仕組みについては、以下の記事で解説しています。こちらもあわせてご一読ください。

手法はどう選ぶ?考えるべきはTwitterキャンペーンの目的

Twitterキャンペーンの手法を決める際は、キャンペーンを開催する目的を軸に選ぶのがおすすめです。

例えば、キャンペーンには以下のような目的があります。

キャンペーンの目的例

  • フォロワー数の増加
  • 企業の認知度の向上
  • 商品・サービスの売上アップ
  • 消費者の口コミを集めたい

フォロワー数の増加が目的であれば、フォロー&リツイートキャンペーンなどフォローが前提のキャンペーン開催がおすすめです。

企業の認知度の向上が目的であれば、拡散を狙えるよう企業名を入れたハッシュタグキャンペーンにするなどの方法も考えられるでしょう。

なお、キャンペーンの目的や種類はさまざまですが、キャンペーンのやり方自体は大きく変わりません。

キャンペーンの実施手順については以下の記事で詳しく解説していますので、こちらもぜひご覧ください。

Twitterキャンペーンの実際の事例を紹介

ここでは、実際にどのようなTwitterキャンペーンがおこなわれたか事例をご紹介します。

事例1.駅メモ!

  • キャンペーンの種類:インスタントウィンキャンペーン
  • キャンペーン概要:リツイート数に応じてグレードアップする景品をプレゼント

駅メモ!ではサービス7周年を記念してTwitterキャンペーンを開催しました。

7日間の実施期間で、のべ約89,000件のリツイート(キャンペーン応募者)を獲得しています。

キャンペーン応募者数は非常に多いものの、インスタントウィンにより抽選の手間を軽減できています。

事例2.トワイニング

  • キャンペーンの種類:リツイートorいいねキャンペーン
  • キャンペーン概要:A賞を希望の人はリツイート、B賞を希望の人はいいねで応募可能

トワイニングは「紅茶の日(11月1日)」にちなんでTwitterキャンペーンを実施しました。

2種類の景品を用意し、リツイートまたはいいねで好きなほうに気軽に応募できるようになっています。

事例3.博多一風堂

  • キャンペーンの種類:ハッシュタグキャンペーン
  • キャンペーン概要:指定ハッシュタグと対象のラーメンメニューを画像付きでツイートすると応募可能

博多一風堂は期間限定メニュー「博多まぜそば ねぎまみれ」のプロモーションとして、Twitterキャンペーンを実施しました。

ハッシュタグと画像付きの投稿を促すことにより、味の感想や口コミもツイートで見れるといった利点があります。

Twitterキャンペーンのさらに詳しい事例については、以下の記事でご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

Twitterキャンペーンで失敗しないための3つのコツ

Twitterキャンペーンで失敗しないコツ

  • キャンペーン要項は簡単にする
  • キャンペーン実施前から定期的なツイートを心掛ける
  • 魅力的な景品を用意する

キャンペーンを失敗に終わらせないためには、事前の準備が非常に大切です。

ここではTwitterキャンペーンの3つのコツについてお伝えするため、ぜひご覧ください。

コツ1.キャンペーン要項は簡単にする

ひとつ目のコツは、キャンペーン要項を簡単にすることです。

複雑な前提条件や応募方法だと、ユーザーは面倒に感じてキャンペーンへの参加意欲が落ちてしまいます。

例えば、以下のようなキャンペーン要項は参加意欲を下げる要因となるでしょう。

応募するのに複数アカウントのフォローが必要
(例:AとBとCのアカウントをフォローしてください)

引用リツイートの内容を細かく指定する
(例:商品に対する感想と改善して欲しい点を100字以上書いてください)

Twitterキャンペーンは誰でも参加しやすいことが重要です。キャンペーン要項は複雑にしないようにしましょう。

コツ2.キャンペーン実施前から定期的なツイートを心掛ける

キャンペーンの実施前は、なるべく定期的なツイートを心掛けましょう。

キャンペーンの効果を得るには、ある程度フォロワーがいるアカウントでキャンペーンを開催するのが理想的です。

定期的なツイートを心掛けていれば、キャンペーンの開催までにある程度のフォロワーを獲得できます。

また、キャンペーンのときだけツイートしても、キャンペーン終了後にフォロワーが離れてしまいます。

フォロワーの離脱防止とキャンペーン効果を上げるために、キャンペーンを開催するアカウントは普段から活動させましょう。

コツ3.魅力的な景品を用意する

最後にご紹介するコツは、魅力的な景品を用意することです。

ユーザーはメリットを感じないとキャンペーンに参加してくれません。

例えば、景品が「自社HPでの表彰」だった場合、表彰されたくて応募する人は限られてしまいます。

キャンペーンで用意する景品は、不特定多数の人が喜ぶものが望ましいでしょう。

自社商品やサービスを景品にするのも良いですが、より幅広い人に喜んでもらう景品としてデジタルギフトを選ぶのもおすすめです。

デジタルギフトとは、クーポン券や各種ポイントなどオンラインで送れるプレゼントです。

続いては、Twitterキャンペーンにおすすめのデジタルギフトについてご紹介します。

Twitterキャンペーンの景品ならデジタルギフトの「デジコ」

デジタルギフトはURLやギフトコードをDMで送るだけなので、Twitterキャンペーンと非常に相性が良いです。

弊社のデジタルギフト「デジコ」には以下のような特徴があります。

デジコのメリット

  • 1円から発行可能のため、キャンペーン内容に合わせて景品の予算を設定できる
  • キャンペーンの実施から当選者へのデジタルギフト配布までデジコが対応
  • ユーザーが自分でギフトを選べるため満足度が高い

デジコは導入まで最短2日で完了するため、Twitterキャンペーンをスピーディに実現可能です。

インスタントウィンツールも取り揃えているため、キャンペーン開催側の手間も軽減できます。

デジコをTwitterキャンペーンで活用する方法やサービスの詳細については、資料をご用意しております。以下よりお気軽にダウンロードください。
デジコの資料をダウンロードする

まとめ:Twitterキャンペーンの最適な種類を選ぼう

本記事ではTwitterキャンペーンの種類をはじめ、選び方や事例などをお伝えしました。

Twitterキャンペーンは大きく7種類あり、リツイートやハッシュタグなどの機能によってキャンペーン手法が変わります。

それぞれの手法で期待できる効果が変わるため、キャンペーンの目的から最適な手法を選びましょう。