デジタルギフトお役立ち記事

2022/4/30

Twitterのエンゲージメント率とは?総数を上げる4つのコツも解説

「Twitterのエンゲージメント率ってどういう意味?」と疑問に思うことはありませんか?

Twitterのエンゲージメント率は、自社アカウントの注目度やキャンペーンの結果を計測するのに重要な数字です。

本記事では、Twitterのエンゲージメント率の意味や計測方法、数値を上げるポイントなどについてまとめました。

自社でTwitterアカウントを運用している、Twitterキャンペーンの開催を考えているという場合は、ぜひご一読ください。

デジコではTwitterキャンペーンの景品として活用できる、デジタルギフトサービスを提供しています。

人気のAmazonギフト券やPayPayボーナスを含む6,000種類の中から、ユーザーのニーズに合わせて設定が可能です。

興味のある場合は以下のバナーより、SNSキャンペーン資料をダウンロードください。

SNSキャンペーン資料をダウンロード

Twitterにおけるエンゲージメントの意味とは?

Twitterの公式サイトでは、エンゲージメントは以下のように定義されています。

「エンゲージメント」とは何ですか?
ツイート上で発生した「クリック」「お気に入り」「リツイート」「返信」「フォロー」の総数です。

出典:Twitter

Twitterのエンゲージメントは、アカウントごとに付帯している「Twitterアナリティクス」と呼ばれる機能から解析が可能です。

Twitterアナリティクスでは、ユーザーの反応を数値で確認できます。

Twitterでエンゲージメント総数やエンゲージメント率を調べる目的

Twitterのエンゲージメントにかかわる数値を把握することで、ユーザーに人気のあるツイートを分析できます。

分析結果をもとにアカウント運用の方向性を決めることで、フォロワー数・インプレッション数などのさらなるアップが狙えます。

Twitterアカウントを運用する最終的な目的は、多くの場合は「自社認知からの自社商品・サービスの購入」です。

目的を果たすには、自社に興味を持ったユーザーや、自社商品・サービスを購入する見込みのあるユーザーを集める必要があります。

無闇にフォロワーを増やし、自社に興味のないユーザーに自社商品・サービスを紹介し続けることは、コストパフォーマンスの面でも推奨できません。

エンゲージメント率を上げることで、自社が望んでいるターゲット層にも自社アカウントや自社ツイートをリーチできる期待もできます。

Twitterにおけるエンゲージメント率の計算方法

エンゲージメント率は、下記の式で算出します。

エンゲージメント率 = エンゲージメント総数 ÷ インプレッションの合計数✕100

割合が高いほど、ユーザーが興味を持てる投稿がされていると言えます。

Twitterにおけるエンゲージメント率の平均・目安

0.3~1.4%

デンマークのメディア企業「Influencer Marketing Hub」のベンチマークレポートによると、Twitterのエンゲージメント率は0.3~1.4%です。

この割合には、さまざまなバックグラウウンドを持つ2,000以上のマーケティング代理店や、関連する専門家などの考えがまとめられています。

ただし、エンゲージメント率はフォロワー数によって変わります。

また国やジャンルなどによっても変動するため、一概に平均値のとおりとは言い切れません。

ですが、目安となる数字を把握することで自社の今現在の立ち位置や目標を決める基準の1つになるため、参考値として把握しておきましょう。

Twitterでエンゲージメント数に含まれるユーザーの6つの行動

種類 概要
リツイート ツイートを再びツイートすること
ツイートへの返信 他の人のツイートに反応してメッセージを送ること
フォロー 特定のアカウントを登録すること
いいね 好意や共感などを表現するハートマークをクリックすること
リンク・ハッシュタグなどのクリック ツイートに記載したリンク・ハッシュタグなどをクリックすること
メディアへの反応 ツイートに添付した動画や画像をクリックすること

ここでは、エンゲージメントの計測にカウントされる、主なユーザーの行動6つを紹介します。

行動1.リツイート

Twitterの特徴であるリツイート機能は、エンゲージメント数としてカウントされます。

リツイートにより多くのユーザーに拡散されれば、リツイート数に比例して反応も増えていきます。

フォロワーだけでなく、フォロワー以外のユーザーに自社のツイートを見てもらうことが重要です。

行動2.ツイートへの返信

他のユーザーが自社のツイートに返信(リプライ)をすることは、エンゲージメント数としてカウントされます。

ツイートへの返信は、メッセージを考える必要があるため、いいねやリツイートと比べてハードルが高いです。

ですが、

  • 顧客の生の声が聞ける
  • より自社商品・サービスを身近に感じてもらえる

などのメリットがあります。

公式アカウントでは「自社製品の好きな種類を教えてください」と、ユーザーに返信を促す投稿も見受けられます。

行動3.フォロー

特定のアカウントを登録しホームタイムラインに表示させる「フォロー」も、エンゲージメント数としてカウントされる行動です。

ユーザーにとって興味深いツイート、意義のあるツイートを配信しているアカウントがフォローの対象になります。

お互いにフォローし合う「相互フォロー」へつなげるには、他のアカウントと積極的に接点や交流を持つことが重要です。

行動4.いいね

ユーザーがツイートに対していいねをクリックする行動も、エンゲージメント数にカウントされます。

リツイートと同列に扱われており、近年のアップデートでは以下の仕様が追加されました。(2022年4月現在)

  • いいねの数に応じて、話題のツイートがタイムラインに表示される
  • フォロワー以外のいいねが、タイムラインに表示される

より多くのいいねを獲得することで、リツイートとは違う方法で拡散することが可能です。

行動5.リンク・ハッシュタグなどのクリック

下記のクリックも、エンゲージメント数に含まれる行動です。

  • ツイートに掲載したリンクをクリックした数
  • ツイートに掲載したハッシュタグをクリックした数
  • ユーザーがツイートをクリックして詳細を表示した数

リンクを掲載し別コンテンツやECサイトへの誘導などをおこなうことで、ユーザーに興味を持ってもらいます。

また、ユーザーが興味を持てるハッシュタグの活用により、ツイートの拡散力を高めることもできます。

行動6.メディアへの反応

ツイートに添付した動画や画像をユーザーがクリックした場合も、エンゲージメント数としてカウントされます。

Twitterは、Instagram・Facebookなどと異なり文章の投稿がメインです。

メディアへの反応が良ければユーザーをより惹きつけられていると言えるため、エンゲージメント率の向上につながります。

Twitterのエンゲージメント率を上げる4つのコツ

Twitterのエンゲージメント率を上げる4つのコツ

  1. ターゲット・目的に合わせてメッセージ内容を厳選する
  2. ターゲットに合わせて投稿時間を変更する
  3. ハッシュタグを活用する
  4. 継続してツイートを投稿する

Twitterのエンゲージメント総数を上げるためのコツは、上記の4つです。

それぞれの詳細について解説します。

コツ1.ターゲット・目的に合わせてメッセージ内容を厳選する

メッセージ内容は、ターゲットや目的に合わせて厳選しましょう。

ユーザーに「自社アカウントをフォローするメリットがある」と感じてもらえる投稿が大切です。

会社の「ここだけの話」を共有したり、ユーザーの悩みを調査・分析したりすることで、興味を持ってもらえる投稿ができます。

またターゲットにとって、企業は遠い存在です。

あえてターゲットが日ごろ感じている悩みや疑問に寄り添った投稿をすることで、親しみやすさが伝わり距離を縮められます。

コツ2.ターゲットに合わせて投稿時間を変更する

エンゲージメント総数の増加には、ユーザーからの反応が良い時間帯に投稿することも重要です。

アプリ分析メディア「App Ape Lab」が解析した情報によると、以下の時間帯にTwitterを見ているユーザーが多いと判明しています。

  • 平日の通勤・通学時間帯(6〜8時)
  • 昼間のランチ時間(12時〜)
  • 帰宅後の夜から深夜(20~22時)

一方で、ターゲットによって反応が良い時間が微妙に異なります。

事前にターゲットがTwitterをよく見る時間について調査し、その時間帯に合わせて投稿するのがおすすめです。

コツ3.ハッシュタグを活用する

ツイートする際にハッシュタグを用いることで、インプレッション(自社ツイートがユーザーに表示された数)の増加が期待できます。

フォロワーだけでなく、ハッシュタグに興味のあるユーザーへもアプローチができるためです。

活用するハッシュタグには、以下の例があります。

  • ツイート内容と関係したハッシュタグ
  • リアルタイムで多くのユーザーが利用しているハッシュタグ
  • トレンドワードとして注目されているハッシュタグ
  • ユーザーやフォロワーと交流しやすいハッシュタグ

インプレッションの増加と比例してエンゲージメント総数も増加していくため、おすすめの手法です。

コツ4.継続してツイートを投稿する

毎日定期的にツイートを実施し、自社アカウントを常に認識してもらうことも重要です。

インターネットでは毎日新しい情報が提供されているため、埋もれてしまわないよう投稿を継続する必要があります。

Twitterでは、タイムラインと呼ばれる時間軸にそって投稿が流れていきます。

そのため、継続した投稿で常にフォロワーのタイムラインに表示されている状態を作ることが理想です。

一方で、短期間での連続投稿や1日の内に何度も投稿をすると、反対にユーザーの反応率や悪くなってしまう恐れがあります。

共感を得るためには、最小限の投稿数でよりターゲットが魅力的に感じられるよう、投稿の質を追求することも必要です。

まとめ:Twitterのエンゲージメント総数をアップしよう

Twitterで自社ブランドの好感度やフォロワー数の向上を狙うなら、Twitterのエンゲージメント率の向上が重要です。

まずは自社のアカウントの存在を認識してもらうため、より多くのユーザーの目に入るよう投稿を工夫しましょう。

なお、さらなる拡散やフォロワー数の増加を狙うなら、キャンペーンの実施やクーポンの配布などが効果的です。

弊社では、その場で抽選結果がすぐにわかる、Twitterインスタントウィンツール「BUZZGIFT」を提供しています。

6種類のキャンペーン形式と合わせて熟練スタッフのフルサポートも用意しているので、Twitterマーケティングの知識に不安がある場合でも安心です。

BUZZGIFTやSNSキャンペーンのノウハウをまとめた「SNSキャンペーン資料」を無料配布しているため、以下のバナーよりお気軽にダウンロードください。

SNSキャンペーン資料をダウンロード